≫運営会社  ≫品質について  » プライバシーポリシー  » サイトマップ

プラスチック表面処理・加飾.com ソリューション

プラスチック表面処理・加飾.comのソリューションとしては、前処理の洗浄、表面改質のコロナ放電・プラズマ処理・ブラスト処理です。加飾として、パッド印刷(タンポ印刷)等、塗装、蒸着などに対応します。その他、熱処理、レーザーマーキング・刻印、3Dプリンターなどがございます。

前処理~加飾(印刷)~熱処理~マーキングまでの装置の提供 洗浄 湿式洗浄装置 乾式洗浄装置 前処理・表面改質 コロナ放電・プラズマ処理 ブラスト処理 印刷 パッド印刷(タンポ印刷) スクリーン印刷 インクジェット印刷 塗装 蒸着 熱処理 乾燥処理 ベーキング 硬化処理(キュア) アニール 環境試験機器 マーキング・刻印 塗装剥離 刻印 3Dプリンター

前処理・表面改質 - コロナ放電・プラズマ処理

コロナ放電・プラズマ処理  
  ◆立体形状のワークに対応できる 立体形状のワーク
  ◆コロナ放電・プラズマ処理装置で真空/大気圧トータルで対応
    真空方式

(真空方式)

  大気圧方式

(大気圧方式)

 
    キャリーガスレスによってランニングコストが安い
  ◆豊富なアプリケーション電極、周辺機器、搬送装置
  ◆医療機器部品に対する実績豊富
    ・シリンジ
・ダイアライザー
・シャーレ
・ニードルハブ
・カテーテル
      など
・輸液バッグ
・マイクロプレート/マルチセル
  ◆プラスチック、金属の混合部品に対して処理が可能  
  ◆自動化が出来る(インライン化)。真空プラズマでインラインの対応可能
    真空方式

(真空方式)

  大気圧方式

(大気圧方式)

 
  ◆電位がないので、ロボット化に対応可能

印刷・塗装前の基材表面の処理(濡れ性向上)を目的とし、フレーム処理とは異なりガスを使用せずに表面処理を行う事が可能です。
※通常大気圧(又は真空)中で処理を行いますが、オプションでアルゴン、酸素、窒素を利用する事も出来ます。目的の箇所へ処理を施されるお客様の製品形状に合わせ、電極形状も様々な種類があります。

コロナ放電・プラズマ処理

コロナ放電処理とは

コロナ放電

― コロナ放電 ―
コロナ放電処理とは、高周波高電圧装置により発生させた電子を素材の表面に衝突させることです。
衝突することで素材の表面にカルボニル基等の色々な極性の強い官能基を生成し、接着力を改善します。
コロナ放電処理はPP。,PE・POMoPS・フッ素樹脂・コーテイング・塗装などの前処理として使用されています。

― コロナ放電発生まで ―
(1) 電極へ高周波高電圧の印加 → (2) 電極と絶縁物間の空気層の絶縁破壊→ (3) コロナ放電発生

【大気圧】 コロナ放電装置  LabTEC
LabTEC

実験 及び 研究用の最小コロナ処理設備です。

  コロナ放電装置  Roto TEC シリーズ
Roto TEC シリーズ

特徴

電極からカウンターアースに対して放電を飛ばす従来のコロナ放電とは異なり、放電の受け側にも逆位相の電圧をかけることで、より大きな電位差を発生させることが出来るシステムです。
回転電極の下を通過することで高低差のある製品へのインライン表面処理が可能です。

※最大放電高さ : 100mm

  プラズマ処理装置  PlasmaTEC シリーズ

特徴

・大気中でプラズマ放電を発生し、基材表面の
 表面処理を施します。
 プラズマに電荷がない為、プラスチック、ゴム、
 金属と材質を問わずに処理が可能です。
・1ジェネレーターで3ヘッドまで接続が可能です。
・処理速度が速く、高い処理効果が得られます。
・一般の圧縮エア以外、一切のガスを使用しません。

PlasmaTEC シリーズ
PlasmaTEC シリーズ
PlasmaTEC シリーズ
【真空】 プラズマ処理装置  VacuLab
VacuLab

実験室実習用 及び 少量生産用 卓上真空ユニット

  プラズマ処理装置  VacuTEC シリーズ

特徴

・真空中で放電を行う為、電荷が発生せずにプラスチックや金属、または複合製品などの材質を問わない処理を施す事が可能です。
また従来必要だったキャリーガスも不要なため、ランニングコストも軽減できます。

用途

・デイスク表面の洗浄
・高低差のある製品
・金属と樹脂の複合材

VacuTEC シリーズ
  プラズマ処理装置  VacuLINE シリーズ

特徴

・プラグ&プレイコンセプトによるシンプル設計
・処理時間は20~180秒
 (材質によって処理時間の変更が可能)
・製品サイズによりチャンバーサイズの設計変更が可能 (標準仕様&カスタマイズ対応)
・専用タッチパネルでのパラメータ設定
・添加ガスを使用しない為、低ランニングコストで
 濡れ性・密着性の改善が可能
 (オプションにてアルゴン・酸素・窒素も対応可)
・金属(導電性)・プラスチック(非導電性)の材質に
 対し処理が可能
・既存ラインへの組込み及びロボットセル方式の
 採用が可能

VacuLINE シリーズ

アプリケーション例

電子レンジパネル印刷前処理, 電線への印刷前処理, 注射針との密着前処理, 試験官印刷前処理, コンタクトレンズ表面処理
お問い合わせはお気軽に!プラスチック表面処理・加飾.comを、ご覧頂きまして誠にありがとうございます。表面加飾印刷機・自動化等のことなら「プラスチック表面処理・加飾.com」にお任せ下さい!